パイロットスイッチ

パイロットスイッチとは?

パイロットスイッチとは、壁についている電灯用スイッチ。

中にはボタンのところに赤や緑の小さなライトがついているものがあります。

みなさんも、今までに見たことがあると思います。これらはほたるスイッチやパイロットスイッチと呼ばれたりしていますが、使っているときに点いていたり、使ってないときに点いていたり、不思議だなぁと思ったこと無いでしょうか。

パイロットスイッチは正式には、松下電工(ナショナル)の固有名名詞です。他のメーカーでばオンピカ・オフピカ(東芝)やガイド・チェック(神保)など呼ばれています。

パイロットスイッチとは、ONで光るスイッチです。用途は使用中であることを知らせるためです。例えば、トイレや換気扇など、消し忘れしやすいものに使います。ONで赤く光り、 OFFで消えます。

その逆のOFFで光るのが、ホタルスイッチです。

OFFで緑に光り、ONで消えます。さらに両方の機能を持ったスイッチがパイロットほたるスイッチと言います。

パイロットスイッチとほたるスイッチが合わさったものでONで赤く光り、OFFで緑に光るスイッチです。

門柱灯のスイッチに使用すれば、屋内にいながらあかりが点灯してい消灯しているかが一目で解かり、消し忘れ防止になります。

パイロットスイッチの特徴

蛍スイッチは,スイッチがどこにあるか暗闇でもわかるように,OFFの時に点灯しているスイッチで、パイロットスイッチは,照明などが作動している時に赤になるスイッチということです。

ホタルスイッチにするかパイロットスイッチにするかは、使用する機器によって選択して下さい。

どちらも機器の電気を入れたり切ったりすることは、普通のスイッチと変わりません。

パイロットスイッチの種類

パイロットスイッチは、2路(片切り)、3路、4路用と3種有りますのでご注意下さい。

例えば階段の上下についているスイッチ、下で付け、上で消すなどは3路スイッチですので、パイロットスイッチに取り替える時、わからない場合は専門の電気屋さに任せましょう。